生活の知恵袋

古今東西

生活密着お役立ちサイト

育てたバラにアブラムシが⁉︎簡単に撃退するには?家にあるもので作れる??

読了までの目安時間:約 5分

 

image

もうそろそろバラが綺麗に咲き始める季節になりますね。

 

自分でも育ててみたい!

…とバラを買ってみたのは良いけれど、蕾に何やら怪しい緑色のツブツブが、、、

 

そうです。アブラムシです。

 

せっかく蕾が出てきたのにアブラムシに養分を吸い取られてしまう⁉︎

どうしたらアブラムシを退治できるの?

農薬を使わないで退治できるの?

 

 

 

今回は、家にあるもので簡単にアブラムシを撃退する方法をご紹介します。

 

 

 

 

 

【牛乳】

 

•牛乳を、薄めないでそのままアブラムシに直接吹きかける。

 

牛乳に含まれる脂肪分が、呼吸をするところにフタをして アブラムシが窒息するそうです。

 

 

*注意点

 

・時間がたつと臭くなる。

・葉に牛乳の跡が残って白くなる。

・ハエなどが集まってしまう。

・牛乳の汚れは後で拭きとっておきましょう。

 

 

 

【片栗粉】

 

 

・片栗粉を水で溶いたものを吹きかける。

 

原理は牛乳と同じで、アブラムシを窒息させます。

 

割合として、水250ccに対して片栗粉大さじ1です。

 

 

 

・注意点

 

片栗粉も、後で汚れを拭きとっておきましょう。

 

 

 
【中性洗剤】

 

・水100ccに中性洗剤少々(ワンプッシュ程度)を溶かす。綿棒や筆などにしみこませて、アブラムシに直接塗る。

 

 

 

【ビール】

 

・ビールと水を同じ分量で混ぜる。アブラムシに吹きかける。

 

アブラムシがビールに酔って落ちていくんだそうです。

 

 

 

【酢】

 

 

・水1リットルに対し30ミリグラムの酢を混ぜて、アブラムシに吹きかける。

 

 

アブラムシは酢の匂いが嫌いなので、バラに寄りつかなくなります。

 

 

*注意

 

・吹きかけすぎるとバラが焼けてしまいます。連続してスプレーするのは避けましょう。

 

 

 

【タバスコ】

 

・水100ccに対しタバスコ10ccの割合で混ぜて、アブラムシに吹きかける。

 

アブラムシは、トウガラシに含まれるカプサイシンの刺激を嫌います。

カメムシにも効きめがあるそうです。

 

 

*注意

・作ったタバスコ液は、よくこしてから使ってください。

・タバスコの刺激は、アブラムシの天敵のテントウムシやカマキリまで遠ざけてしまうので、アブラムシの被害が多いところにピンポイントで使った方が良いかもしれません。

 

・カプサイシンは人間にも刺激を与えます。使用する際は目などに注意してください。

 

 

 

【おわりに】

 

蕾を持ち そして見事に花を咲かせた自分のバラ。

想像するとワクワクしますよね。

 

小さな子供がいるから薬品は使いたくない方、オーガニックな害虫駆除をお探しの方、この方法でアブラムシを撃退して、綺麗なバラを楽しみましょう(^_^)

 

 

 

蚊を寄せつけないハーブってある?赤ちゃんにも安心?簡単に育てられる?

読了までの目安時間:約 5分

 

image

夏になると悩まされるのが『蚊』ですよね。

時として厄介な病気まで運んでしまう 憎っくき『蚊』!

 

今年は、天然のハーブで蚊をシャットアウトしちゃいましょう。

薬品じゃないから、赤ちゃんや小さなお子さんがいても安心ですよね。

 

 

こちらでは、手に入れやすくて蚊を忌避できる代表的なハーブと、その簡単なお手入れの仕方を紹介していきます。

 

 

 

 

【ローズゼラニウム】

 

5月から6月頃に咲かせる小さなピンク色の花には全く香りがありませんが、葉に触れると強いバラの香りがします。この香りを蚊が嫌うため、「蚊嫌草」の別名もあります。

 

普通のゼラニウムでも効果はありますが、その中でもローズゼラニウムが防蚊の効果が高いようです。

 

image

 

ホームセンターなどで鉢植えで売られています。

日当たりの良い場所に置いて、乾燥気味にして育てれば 大きくなってくれます。

 

 

 

【バジル】

 

イタリアンのお料理であまりにも有名ですが、バジルに含まれているシオネールという成分を虫が嫌います。

蚊のほかにも、ハエの侵入防止にもなります。

image

 

バジルは、鉢植えやプランターでも育てられるので、ベランダに置いておくのも良いですよね。

 

日当たりの良い場所に置いてください。暑さには強いです。

表面が乾いた頃にたっぷり水をあげてくださいね。

 

一年草なので、冬までには枯れます。

 

 

【ペパーミント】

 

ペパーミントにはメントールという成分が含まれていて、それを蚊が嫌います。

 

image

 

 

ペパーミントは繁殖力が強く、一度植えたら放置しておいてもどんどん増えていきます。

ほぼお手入れの必要はありません。

 

 

 

【イヌハッカ(キャットニップ)】

 

 

イヌハッカ(キャットニップ)に含まれているネペタラクトンという成分に、市販の防虫剤などに使用されているディートという薬品のの約10倍もの蚊よけ効果があるとされています。

小さな花が夏の間咲いています。

image

 

このイヌハッカも、繁殖力が強いので、放置しておいても大丈夫です。

 

ところで、なぜ別物がニップキャットと言うんでしょう。

実はマタタビと似たような成分があって猫が寄ってくるんです。蚊は防止しますが、猫には大喜びの植物です。

 

 

 

【レモングラス】

 

一見、ススキのようにも見えるレモングラス。

このレモングラスの香りに含まれている、シトラールという成分が蚊が嫌いで虫よけ効果があることが確認されいます。

 

image

 

レモングラスは、日が当たって風通りの良いところを好みます。

土が乾燥したら水をあげてください。

 

 

 

 

【番外編・タンジー】

 

 

見た目はとても可愛いいタンジー。こちらのハーブも強い香りで蚊を寄せつけません。

 

image

 

…が、非常に繁殖力が強く あっと言う間に増えてしまいます。放置しておくとタンジーだらけになる可能性も。

広い庭をお持ちの方向きのハーブですね。

 

 

 

 

【おわりに】

 

気に入ったハーブは見つかったでしょうか。

ハーブを使った虫除けで、安心安全で快適な夏にしましょうね。

 

 

キレイな花で緑のカーテンに挑戦したい!オススメのつる性植物は?初心者でも育てられる?

読了までの目安時間:約 6分

 

image

夏の強い日差しを遮ってくれる緑のカーテンもだいぶ浸透してきました。

 

定番はゴーヤやヘチマですが、

 

「私はオシャレな花がいい!」

「ゴーヤでは実が取れすぎて大変だった。今年は植物にしてみよう!」

 

という方のために、緑のカーテンに使えて見た目にもキレイなツル性植物をまとめてみました(^-^)

 

 

クレマチス(鉄線)】

多年草。落葉性。

種類にもよりますが、20センチ〜3メートル以上(つるの長さ)の高さまで育ちます。

 

紫・白・ピンク・青、一重や八重と、色も種類も豊富。

開花期が長く、4月〜9月まで咲いてくれます。耐寒性が強く、初心者でも育てやすい植物です。

"つる性植物の女王"とも呼ばれています。

image

 

image

 

image

 

剪定は真冬。花の終わった後は、葉が落ちてツルの先は枯れますが、ツルの半分くらいまでカットすれば 来年またツルを伸ばしてキレイな花を咲かせてくれます。

 

ホームセンターなどで苗の状態で売られていますよ。

 

 

 

【ルコウソウ】

熱帯アフリカ原産で本来なら多年草なのですが、日本では毎年種をまく1年草の扱いです。

1メートル〜3メートルの高さまで育ちます。花期は6月〜9月頃 まで。

色は赤・白・ピンク。プランターでもOK。

image

 

1つの花の大きさは2センチ程度ですが、花付きが良く、密集して咲くとそれは見事です。

 

発芽させた苗も売っていますが、種で購入して 最初からプランターに植えたほうがベターです。

 

 

 

 

【フウセンカズラ】

小さな白い花がたくさん咲いた後、直径約3cmくらいの 緑色の風船をふくらませたような実がたくさんつきます。

2メートル〜3メートルまで育ちます。花期は6月〜9月頃まで。

プランター、鉢植えOK。初心者向きです。

image

image

 

 

肥料は、液体肥料を月に1度。

表面が乾いたら水を与えます。

病害虫にも強い、まさに初心者向きの花。

 

種にハートマークができる、癒し系なんです(^。^)

image

 

 

 

【トケイソウ】

多年草。パッションフルーツの仲間。

3メートル以上に育ちます。

白、赤、ピンク、黄、紫の色があります。

image

 

個体差が少しあって、種類によって花期は5月から10月までと差があります。苗についている育て方は要確認。

 

 

 

【ヨルガオ(夜顔)】

 

アサガオが朝に咲くように、名前のとおり夜に咲くヒルガオ科の多年草。

夕方4時頃から、甘い香りをさせながら15センチほどの大きな花を咲かせます。

image

花期は8月~9月頃まで。

2階のベランダに届くくらいツルは良く伸びます。

 

本来は多年草ですが、アフリカ原産で寒さに弱いので 日本では 1年草の扱いです。

 

プランターでも育てられますが、その場合は1株だけで植えたほうが良い植物です。

 

アサガオと一緒に植えると、一日中花が楽しめますね。

比較的初心者向きです。

 

 

 

おわりに】

 

夏の暑さが毎年どんどん強くなってきています。

これからは、30度超え・室内ではエアコンがつけっぱなし、、、なんて事が続くかもしれません。

 

電気代の請求書を見てビックリ‼︎なんてことになる前に、2016年の今年から"緑と花のカーテン"にぜひ挑戦してみてください。

 

快適に過ごせて花まで楽しめるなんて一石二鳥ですもんね(^-^)