生活の知恵袋

古今東西

生活密着お役立ちサイト

新盆のお供え物へのお返しは必要?お礼状の書き方は?

読了までの目安時間:約 6分

 

image

新盆(初盆)は、いつものお盆と違い、遺族や親族だけでなく故人の友人・知人や仕事関係者などを招いて法要が営まれます。

その時 お供え物やお香典をいただく事になります。

 

今回は、新盆でいただいたお供え物やお香典へのお返し、お礼状の書き方をご紹介します。

 

 

 

【新盆のお供え物のお返しは必要なの?】

 

故人が、亡くなってから初めて迎えるお盆の新盆(初盆)には、法要を営みます。

 

会食の席を設ける場合がほとんどなので、お返しする必要はありません。

会食の席を設けなくても、法要の後に折り詰めをお渡ししてお帰りいただきます。

 

 

ですが、最近では会食や折り詰めのほかに、お供え物や香典のお返しとして引き出物をお渡しするのが一般的になってきました。

 

 

新盆の香典のお返しである引き出物には、

 

•水ようかん・ゼリー

•お菓子の詰め合わせ

•日持ちのする海苔・お茶

•たくさんあっても困らないタオル

 

などの、消えものがおすすめです。

 

 

 

【お礼状はどう書くの?】

 

お礼状は手書きがよいのですが、書く枚数が多いときは大変です。

印刷したものでもかまいません。

 

 

お礼状は、形式はハガキでも必ず封筒に入れましょう。

 

 

お礼状では、以下の事に気をつけてください。

 

・故人の名前を必ず入れる。
・文中に句読点「、」や「。」は使わない。
・参列して頂いたお礼や、香典やお供物を頂いたお礼を必ず入れる。

 

 

 

 

 

【お礼状の例文】

 

ここでの例文は故人が父母とします。

例文は横書きですが、縦書きに書いてください。

 

 

 

例文1  法要に参列された方へ手渡しするお礼状。

 

 

拝啓
時下ますますご清祥のことと心よりお慶び申し上げます
この度 亡父○○○(故人の名前)儀 初盆に際しましては
お暑い中をまたご多忙中にもかかわらずお集まり頂きご鄭重なるご厚志を賜り
大変有難く存じております
故人もさぞかし浄土において感謝していることと思います
ささやかではございますが 亡父の初盆供養のしるしとして心ばかりの品を用意いたしました
何卒ご受納賜りたくお願い申し上げます
略儀ながら書中をもちましてお礼のご挨拶とさせていただきます
本日はまことに有難うございました
敬具
平成○○年○○月○○日
郵便番号 住所
喪主 ○○○○(喪主、施主の人の名前)
親族一同

 

*喪主、施主と故人の名字が異なる時は、個人の名前は姓と名を入れます。

 

 

 

 

•例文2  参列されなかった方へのお礼状。

 

 

拝啓

この度の故母○○(故人の名前)新盆に際しましては
過分なる御厚志を賜り誠に有難うございました
謹んで仏前に供えさせていただきました 心から御礼申し上げます
私どもも 新盆を向かえやっと落ち着いてまいりました
まだお暑い日が続きますので ○○様もお身体気を付けてお過ごしください

敬具
平成○○年○○月○○日
郵便番号 住所
喪主 ○○○○(喪主、施主の人の名前)
親族一同

 

*こちらも 喪主、施主と故人の名字が異なる時は、個人の名前は姓と名を入れます。

 

 

 

 

•例文3  堅苦しくしすぎない手書きでのお礼状。

 

拝啓
残暑厳しき折、お見舞申し上げます
この度は 故○○の新盆に際しまして 過分なる御厚志を賜り誠に有難うございました
謹んで仏前に供えさせていただきました
故人もさぞかし感謝していることと存じます 心から御礼申し上げます
本来ならば伺って御礼を申し上げるところではございますが
書面を持っての御挨拶をお許し下さい
今後とも何卒宜しくお願い申し上げます
まだまだこの暑さは続きそうです
くれぐれもご自愛のほどお祈りいたしております
右とり合えず御礼まで
敬具
年月日
氏名
○○○様

 

 

 

 

 【おわりに】
新盆の引き出物・お礼状を郵送する場合は、法要が終わった1週間以内に出すと良いでしょう。
できればお盆の月のうちに送ってください。

不祝儀の風習は、地域ごとで違ってきます。

身内に年配の方がいらっしゃるのであれば、地域のマナーを聞いておくと なお安心でしょう。