新盆では、ほかのお盆と違い、遺族や親せき、故人の友人・知人などを招いた丁寧な法要を行います。

その時に香典やお供物料をいただきますが、そのお返しについて考えなければいけません。

ここでは、お返しするものの金額の相場、引き出物に良く選ばれるもの、お返しののしの表書きについてお伝えしていきます。

【新盆のお返し 相場はいくら?】

最近の香典料は、5,000円~10,000円が一般的です。

いただいた香典やお供物料の金額の、半分~三分の一程度がだいたいの目安とされています。

新盆は、法要のあとに会食の席を設けてもてなすことが一般的とされています。

その他に、お持ち帰りしていただく引き出物を用意します。

この場合の引き出物は、1,500円~2,500円くらいのものを準備しておくと良いでしょう。

いただいた香典があまりにも多かった時は、あとで別にお礼の品物をおくることもあります。

遠方に住んでいるなどの理由で、法要には参列できない方から香典やお供物料をいただくこともあります。

その場合には、頂いた金額の半分が目安とされます。

お礼状をそえて、引き出物をおくります。

法要だけで会食の席を設けない場合には、法要のあとに引き出物と一緒にお酒や折詰弁当などを準備しておきます。

【引き出物には何が良く選ばれているの?】

新盆の引き出物は、食べて無くなる・使って無くなる、いわゆる「消え物」がよく選ばれます。

故人の葬儀を思い出して、辛い気持ちになる方もいるかもしれないから、、、なのだそうです。

夏場なので、日持ちのするものが安心です。

定番としては、

・そうめん、冷麦

・水ようかん、ゼリー

・お茶、ジュース、アイスコーヒーセット

・お菓子の詰め合わせ

・海苔、調味料セット

または、

・洗剤セット

・タオル

高額な香典やお供物をいただいた場合にのお返しとして、カタログギフトも人気があるようです。

【引き出物ののしの表書きは?】

引き出物ののしの表書きは、

「志」 「新盆志」 「御新盆志」 「新盆供養」 または、「初盆志」

となります。

下段には、施主の氏名を書くか、〇〇家というように施主の家名を書きます。

【おわりに】

新盆のマナーの細かい部分は、地域に根差したもの、地域によって違うことが多くなっています。

最近の家庭事情で、ごく身内だけでの法要も増えてきています。
この記事を参考にしていただきながら、お住まいの地域の習わしを聞いて、そこに合わせてみてくださいね。