本当はあって欲しくはないけれど、自分と親しくお付き合いしていた友人が亡くなる、、、という時があります。

悲しいけど避けられないことなんですよね。

親しくお付き合いしていた方へ、またご遺族の方へ、新盆には何かお供え物を送りたい。

この記事では、何をお供え物に選び いつまでに送ればよいか、メッセージはどう書いたらいいかを書いていきます。

お供え物は何を送る?

新盆のお供え物というと、まずお線香を思い浮かべるかもしれません。

実は、新盆にお線香をいただきすぎて困った…という話はよく聞くのです。

お線香の香りにも好みがありますよね。

送って喜ばれるお供え物は

•生花(アレンジフラワーでも可)

•お酒、ジュース

•お菓子の詰め合わせ

•缶詰めセット

•果物

などが良いでしょう。

花はやっぱり一番喜んでいただけるようです。

友人がまだ若くして亡くなられた場合、好きだったお菓子などを送ると「これをもう食べることができないのだ」と、遺族が悲しみを新たにする場合もあります。

ですので、お菓子をお供えしたい場合は和菓子やせんべい等が良いと思います。

地域によっては、法要の参列者にお供え物を分けて持ち帰ってもらう場合もありますので、個別包装のものを選ぶといいですね。

のしの表書きは「御供物」「御供」になります。

お付き合いの深さにもよりますが、お供え物は3000円~10000円くらいのものが最近の相場のようです。

相手の心の負担も考えて質素でもいいくらいです。

新盆となると、お供え物が重なる可能性もありますよね。

それを避けたいのであれば、お金を包むというのも一つの方法です。

*その場合の表書きは、不祝儀袋に「御仏前」「御供物料」と書きます。

こちらのは5000円~10000円が相場です。

お供え物はいつまでに送ればいいの?

本当は法要に参加したいのだけれど都合がつかない。遠方で行けない。

そんな時は、新盆のお供え物を送ることになりますよね。

お供え物はいつまでに送れば良いのでしょう。

新盆は地域によって風習に違いがあります。

その地域では新盆が7月になるか8月になるか、確認しておきましょう。

7月にお盆の地域では、7月13日から16日

8月にお盆の地域では、8月13日から16日

となります。

日持ちのするお供え物であれば、法要の1週間前から10日前くらいに送るのがベストです。

法要当日は慌ただしいので、生花を送る場合は1日~2日前くらいに届くようにしましょう。

お供え物に添えるメッセージはどう書けばいい?

•花に添えるメッセージの例文です。

『心ばかりではございますが、お花をお送りいたします。
ご仏前にお供えいただければ幸いと存じます。
◯◯様の面影を偲びつつ、遠方から合掌させていただきます。』

『初盆にあたりお花を送らせていただきます。◯◯様のお写真のおそばに お供えしてください。 』

『新盆を迎えられるにあたり お花を送らさせていただきました。 ◯◯様のご仏前にお供えいただければ 幸いです。』

•品物の場合のメッセージ

『遠隔地におりますため、心ばかりですがお菓子を送らせて頂きました。◯◯様を偲びたいと思っております。ご家族の皆様のご健康を心よりお祈りいたします。』

『静かに新盆お迎えだと思います。皆様 お元気でお過ごしください。』

おわりに

亡き友人を偲び、心を込めたお供え物は、ご遺族にきっと喜んでいただけると思います。

気持ちを控えめに心を込めて…

ぜひ参考になさってください。